漂流

僕はずっと、待っていた。

誰かが――何かが――

僕をそこへ連れて行ってくれることを。

僕はずっと待っていた。


いつ頃からだろう。

この世界が、

自分のいるべき場所ではないと知ったのは。

どこかにある自分の世界へ、

僕はいつか帰るべきなのだと知った。

それが、どこにあるのかもわからないのに。


だから、ずっと、待っている。

誰かが僕をそこへ――どこかへ――

連れて行ってくれるはずだと。


目の前にあるモノは、すべてニセモノ。

触れようと手を伸ばせば、

あっという間に崩れ落ちてしまう。

だから、触れてはいけない。

信じてはいけない。

この世のすべては、ニセモノだから。


何かに触れてしまう前に、

僕をそこへ――どこかへ――

連れて行ってほしい。

この世界を信じてしまう前に

早く、早く、ここから抜け出さなくては。


そして僕は、

誰かを――何かを――

待ちきれずに、やみくもに歩き始める。

ただ、ここから脱するために、

そこを――どこかを――

目指して進む。


自分のいるべき世界を探し続け、歩き続け、

僕はずっと、彷徨い続ける。

やがて倒れ、朽ち果ててもなお、

僕の世界にたどり着くまで。






朗読/蒔苗勇亮

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com