月夜

それは、何でもない普通の月夜だった。

皆既月食とか、スーパームーンだとか、

そういう特別なものではなくて、

ごく普通の、いつでも見られるような月の夜に、

アイツがこう言った。

 

「ねぇ、アイラブユーを月が綺麗ですねって訳したの、

 太宰だっけ? それとも、川端康成だっけ?」


いきなり何を言い出すかと思ったら。

と、小さく笑って間違いを正してやろうとするオレより先に


「あれ? 森鴎外? 宮沢賢治?」

と、さらに間違いを重ねていく。

こういうところが憎めないというか、

まぁ、可愛いとこだよな、と改めて想う。


「どれも違うよ。それ、夏目漱石」

笑いながらそう言うと、アイツはポンッと手を打って、

「それだ。漱石だ!」

と、満面の笑みを浮かべる。

その横顔にドキリと胸が鳴り、ごまかすように

「なんでいきなりそんなこといい出したんだ?」

と聞けば、アイツはオレの方にくるりと向き直り、

「だって、今夜は月がキレイだなって思って」


そう言われて見上げてみるけれど、

浮かんでいるのは、満月でもなく中途半端に欠けた月。

いつもなら

「どこがキレイなんだよ。お前の目は節穴か?」

と、からかいの一つも飛ばすところだ。


でも、その夜、オレの口からこぼれたのは別のことば。


「あぁ、ホントだ。月が綺麗だな」


その瞬間、アイツが息を飲む音が聞こえた。


オレたちは、この上なく平凡な月夜に照らされて、

お互いの手をギュッと握ったままで歩いた。

アイツの家までの道を、遠回りしながら。






朗読/空閑暉

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com