太陽

「冬って寒いんだなぁ」


家路をたどりながら、ポツリとこぼれたひとこと。

そんな当たり前なことに、

いまさら気づいたのか、オレは…。


去年まではぽかぽかとあたたかい笑顔が

すぐ隣りにあったから、

冬が寒いなんて当たり前のことに

気づきもしなかったんだ。


そういえば、夜道がこんなに暗いっていうのも

最近になって初めて知った。

笑っちゃうけれど、本当の話だ。


いつだって、キラキラとまぶしい笑顔に

照らされていたから、

暗闇なんて知らずにいた。

オレは光に包まれていたんだ。


あたたかくてまぶしい太陽がなくなるなんて、

誰も考えはしないだろう。

だから、オレは油断していた。

そして、バチが当たった。


オレの世界から、太陽は消えた。

そしてもう二度と、昇ることはなかった。


それからずっと、オレの世界は暗闇の中。

ひとすじの光も見えず、

寒さに凍えるオレの前には、

真っ暗な道だけが伸びている。

誰もいない我が家へと続く、

灯りひとつない、真っ暗な道が。






朗読/山口龍海

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com