定食屋

「女ひとりで定食屋って…ほんと、お前は色気ねぇな」


と、憎まれ口をたたきながら、

カウンターでメンチカツを頬張る彼女の隣に腰を下ろす。

チラリと視線だけよこした彼女は、

まるで興味がない、とでも言いたげで

すぐに皿へと向き直り、

口の中の幸せを味わうことに集中しているようだ。


「オレの存在は、メンチカツ以下か!」


と、悔しがっても仕方がない。

だってオレはただの同僚。

友だち、というのも少々おこがましいのが現実だ。

メンチカツ以下、さもありなん。


どうして彼女が、こんな筋金入りの定食屋に通うのか、

そのワケを、オレは知っている。


彼女には忘れられない人がいる。

初めてのランチであの定食屋に連れていくような

無粋な男を、彼女は今も待っているのだ。


「オレなら、ひとりにしたりしないのに」


なんて、言えもしない本音はゴハンとともに口の中に押し戻し、

素知らぬ顔で、彼女と同じメンチカツを食す。

あ、旨い。それが、何だか悔しい。


それでもオレは性懲りもなく、

明日も色褪せた暖簾をくぐり、

憎まれ口を叩きながらカウンターに腰を下ろす。

いつか彼女が、その目にオレを映してくれるまで。






朗読/空閑暉

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com