冬の星

寒い夜が好きだ、と彼女は言った。


「星がね、キレイに見えるから」


今さらそんな昔の話を思い出したのは、

ふと見上げた空に、

キレイな星が瞬いていたからかもしれない。


都会の空には星がない、と思っていた。

けれどそれは、空を見上げたことがなかったからだ。

それを教えてくれたのは、彼女だった。


「小さいけれど、ちゃんと星はいるのよ」


冷たく暗い空を指す、彼女の指先を目で追えば、

たしかに星は光っていた。


「ほら、ね」


ささやかだけど、しっかりと。美しく。

その夜から時々、空を見上げるようになった。


だから今夜も、空を見上げた。

そこに、小さな輝きを見つける。

ひっそりと控えめに光るその星を。


「彼女の星、かもしれないな」


今はもう隣にいない彼女が、

小さく控えめに微笑んでいるようだった。






朗読/岡泰佑

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com