雨やどり

「あ、雨やんでる。よかったぁ~。今日はついてるな」


(やぁ、今日もゴキゲンだね。どうしてわかるかって?

 だってほら、スキップするみたいに歩いてきたからね)


「久しぶりのデートだもん。

 昨日、てるてる坊主にお願いしててよかった!」


(さっきまでパラついていた雨がやんでしまったのは、

 きっと、キミの笑顔のせいだね)


「あれ、めずらしい。約束の時間より早く来てるなんて。

 あ、そうか。だからさっきまで、雨が降ってたんだ」


(そうかもね。でも…

 どうしてそんな悲しそうな顔をするの?)


「ねぇ…どうした、の?

 さっきからずっと難しい顔をして」


(そんな顔、しないで。

 ほら、キミらしくないよ)


「黙ったままなんて、ずるいよ…」


(泣かないで。お願いだから。

 いつもみたいに笑ってみせて)


「待って。ねぇ、待ってよ…」


それ以上、言葉は続かず、

キミはただ、静かに泣き続ける。


僕にできるのは、置き去りにされたキミが、

再び降り出してきた雨に濡れないよう、

葉陰にかくまってあげることだけ。


やさしく抱きしめることはできないけれど、

その涙がやむまで、あまやどり、していけばいいさ。

だって僕は、マロニエの木。









朗読/金田賢一、大和ほなみ

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com