凍った涙

電車を降りた瞬間、

頬を冷たい風がするりと撫でていった。


「寒っ」


誰もいないホームに、自分の声だけポツンと響く。

まるで、この世界に自分以外に誰もいないみたい…。

チープなSF小説のようなことを考え、

あまりにも平凡で、ありきたりな想像力に

自分で自分を笑ってしまう。

ほんと、ツマラナイやつだよな…オレ。

だからアイツも去っていったのかな、オレの前から。


「寒いね」ってオレを見上げるアイツに、

ちょっと面倒くさそうに

「ほら」って右手を差しのべて。

アイツの左手をきゅっと握って歩いた。

あのあたたかくて、やさしい瞬間は

もう二度と訪れないんだな。


冷たい風が、身体から体温を奪っていく。

心の中に微かに残った

アイツの温もりまでさらっていくように。

けれど、この冷たい風のイジワルに

オレは少し感謝している。

こぼれ落ちそうになった涙を

瞳の中に閉じ込めて凍らせてくれたから。


寒さをすべて風のせいにして、

オレはゆっくりと歩き出す。

アイツのいない明日に。

凍りついた涙を抱いたままで。






朗読/空閑暉

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com