面倒くさい男

「うまくいかないなぁ…世の中って」


そう言って、長い溜息を吐き出す。

仕事と恋と、ダブルでやってきたトラブルに

僕は頭を抱えていた。


そんな僕に同情もせず、慰めのことばもくれず、

「ザマーミロ」とばかりに彼女は大笑いする。

うん、予想通りの反応。

だから呼び出したんだけどね。


人に弱みなんて見せたくない。

女性が相手ならなおのこと。

あわよくば、心の隙間にスルリと入ろうとする、

そんな誰かが相手なら、なおさらに。


だから、こんなときは彼女に限る。

僕の弱音を笑い飛ばしてくれるから。

モヤモヤも、イライラも、全部吐き出して空っぽになるまで、

とことん付き合ってくれるから。

安心して、弱みも本音もさらけ出せるんだ。


「落ち込んでる男を前にして、大笑いするか? 普通」


抗議めいたことばを言いながら、顔はつい笑ってしまう。

そんな僕に呆れたように

「ほんと、面倒くさいヤツ」という彼女。

でも、その顔も楽しそうに笑っているから、

うまくいかない世の中も、捨てたもんじゃないって思う。






朗読/蒔苗勇亮

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com