他愛ないふたり

ほんの少し、風を冷たく感じる夜、

千鳥足のサラリーマンに混じって家路を急ぐ。

理不尽極まりない上司のムチャぶりを力技でねじ伏せ、

ようやく我が家にたどり着いた。

疲れた身体を、ドアの中に滑り込ませるより早く、

カバンの中でスマホが鳴る。


「こんな時間に、誰だよ」

と、あえて言ってはみるが、

誰からのコールかなんてわかりきっている。

ほら、予想通りの声が聞こえてきた。


「この間、おもしろいお店見つけたんだけど、

 今度の週末にどう?」


名前も名乗らず、いきなり要件だけを伝えてくる。

遠慮もなければムードもない。

もちろん、こちらの都合を聞く気遣いもない。


「当然、おごってくれるんだよな?」


と、上から目線で言い返せば、

「可愛くない!」とアイツが笑う。

そんな他愛もない会話が、

残業のイライラも、上司へのムカムカも、

一瞬で吹き飛ばしてくれた。


アイツの明るい笑い声が、

ささくれだった心を穏やかにしていく。

アイツの賑やかなおしゃべりが、

心地よくてつい、頬が緩んでしまう。


あぁ、悔しいけど認めよう。

オレにとってアイツは、特別だっていうことを。






朗読/山口龍海

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com