マーマレード

オレンジの皮を慣れた手つきでむき、

袋に包まれた身を取り出していく。

ひとつ、またひとつ。


最近、忙しすぎる彼女のために

ちょっとしたサプライズを用意しようと、

午後の早い時間からキッチンで作業を始める。


今日は金曜日。けれど仕事はしない。

フリーランスとはこういう時に便利なものだ。

さあ、彼女が帰ってくるまでに

サプライズを完成させておかないと。



ふぅ~っと大きく吐き出したくなるため息をこらえ、

私は退屈きまわりない会議の中にいた。

あの顔にも、この顔にも、

「早く終われ」としっかり書いてある。

行ったり来たりの議論は

迷宮に入り込んで完全に出口を見失っている。


今日は金曜日。定時であがるつもりだった。

けれど、予定とは覆るもの、みたい。


「ごめん。これから帰る」



彼女から電話があったのは、夜の10時を回った頃。

リビングには僕が、冷蔵庫にはサプライズが

彼女の帰りを待っていた。

せめて、12時前に、

日付が変わる前に、と願いながら。


「おかえり。お疲れさま」



日付が変わる前に家へ滑り込んだ私を

笑顔で出迎えてくれた彼は私の手を引き、

急かすようにリビングへと連れて行く。

着替えもしないままテーブルにつくと、

コトン、と私の目の前に差し出されたものがあった。


キレイなオレンジ色をしたゼリー。


「これ、もしかして、あの時の?」



ちょうど一年前の今日、

彼女にプロポーズをした。

あの時にレストランで食べたデザートを再現する。

それが、僕の用意したサプライズだった。


彼の気持ちが私の心に染みこんでくる。

ほろ苦いはずのマーマレードが

今夜は何だか、とても甘く感じた。








朗読/空閑暉、姫野つばさ

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com