バレンタインが来る前に

「バレンタインなんてキライだ」

とキミは言う。

すべての女性が恋をしている

と決めつけるなんて、冗談じゃないと。

そのことばに、僕は密かにがっかりする。


甘い香りが漂う街に

うんざりするキミを置いてきぼりにして

誰も彼もが、瞳に恋を灯らせてお祭り騒ぎ。

まるでインフルエンザのように

あちこちに恋のウィルスを撒き散らしている。


知ったことか、とヒールを響かせるキミ。

けれど、心の奥で少しだけ期待してしまう。

この熱に、キミも煽られてくれないかな、と。

そして、つい夢見てしまう。

キミからのとろけるような誘惑を。


いっそ、僕から仕掛けてみようか。

ねぇ、手加減はできないよ。覚悟はいいかい?






朗読/木下章嗣

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com