ハッピー・バースディ

いつもと変わらない帰り道。

疲れた身体を引きずるようにダラダラと歩く。

昨日と同じ、代わり映えのしない一日が終わろうとしていた。


信号待ちの交差点で、ふと、空を見上げる。

何だかいつもより少しだけ、星が多い気がした。

サービス残業でみっちり働いた俺へのご褒美か。


そんなことを思いながら夜空を眺めていたら、

信号が蒼に変わったことに気づかずにいたらしい。

追い越しざま、若造がチラリとこちらに視線をよこしていく。

それでもまだ、ボーッと夜空を見上げていたオレを

現実に引き戻したのは、スマホのベルだった。


「あー、なんとか間に合ったぁ!

 誕生日、おめでとう!

 ま、おめでとうって歳でもないか」


いつもと変わらないあっけらか~んとした口調で

相変わらずのノンスットップなおしゃべりが始まった。


「ねぇ、そっちはもう家?

 私はまだ帰り道の途中なんだけど、

 やっぱり、今日が終わる前に連絡しなきゃって」


こちらに相槌を打つスキも与えず、

アイツは一気にしゃべり倒す。

まったく…、毎度毎度、賑やかなヤツだ。


「信号待ちでね、止まったから。ちょどいいやって。

 でね、何となく空を見上げたら、

 星がいつもよりちょっと多くて。

 なんかすご~くキレイで。

 これをプレゼントにして贈れたらいいのなぁって思ったんだ」


そうか。オレたち、おんなじ夜空を見上げているのか。

立っている場所は遠く離れているけど、

見ている空は、感じてる想いは、一緒なんだな。


「オレも今、空を見ていたとこ」


ようやく、おしゃべりの隙間に滑り込んだオレの言葉に

アイツはうれしそうに言った。


「私たち、おんなじ空を、見ているんだね」


いつもと代わり映えのしなかった一日の最後に、

夜空が、思いがけないプレゼントをくれた。







朗読/山口龍海&小池舞

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com