サヨナラの場面

「そんなの…卑怯です」


言われた意味がわからずに、一瞬、息が止まる。

そんな私にお構いなしに、彼女は言葉の刃をぶつけてくる。


「物分りのいい顔をして、冷静なふりをして

ひとりだけ、関係ないって態度で…」


大粒の涙をポロポロとこぼしながら言い募る彼女を、

私はただ黙って、じっと見つめていた。


「私のこと、憎いですよね? 恨んでますよね?」


私の恋人を奪った罪悪感に酔い、

悲劇のヒロインになりたがる彼女の思い通りになどならない。


「大人ぶって、私を見下して、

自分だけいいカッコしないでください」


容赦のない彼女の攻撃に反撃もせず、防御もせず、

私はただじっと、沈黙を貫いた。


「私なら、そんなに簡単に諦めたりしない」


あぁ、きっとこの情熱であの人を奪い取っていったのだと知る。

そんな若さと傲慢さが、羨ましくも、疎ましくもあった。


「本当に好きなら、諦めたりできない。

私は、私なら…」


何も言わないまま、私はくるりと背を向ける。

泣きじゃくる彼女を、あの人は優しく抱きしめているのだろう。


私は泣きはしない。

顔を上げ、前を見て、ゆっくりと歩き出す。

あの人と彼女のいない世界へ。






朗読/伊藤麻菜美、姫野つばさ

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com