アフタヌーン・ブレイク

たぶん、今日の僕は疲れていた。

いつもなら足を向けないケーキ・ショップに

ふと立ち寄ってしまったのがその証拠。

真っ白でシンプルな佇まいが、

なぜか、僕を歓迎しているように見えた。


吸い込まれるようにショーケースを覗いてみると、

ごくごくシンプルなケーキたちがすまし顔で並んでいる。

華美なデコレーションなど必要としない、

そっけないほどの潔さに思わず見とれてしまう。

なんて自信と気品にあふれているんだろう。


ふいに、ここ最近の自分が滑稽に思えてきた。

どれほど自分をよく見せようと、見栄をはり、

言葉を飾り立て、無理に背伸びをしてきたことか。

疲れるのもあたりまえだと、苦笑してしまう。


とりあえず、

シュークリームを買って外に出る。

やわらかな木漏れ日が降り注ぐ並木道まで歩き、

ベンチを見つけて腰を下ろす。

そして、パクリ、とシュークリームにかぶりついた。


ひと口で自然と笑みがこぼれてくる。

なんて正直で、やさしくて、美しい味なんだろう。

いっそ無骨と言っていいほどのシュークリームから、

表現しきれないほど豊かな美味しさがあふれてくる。

なんかもう、完敗って感じだった。


よく晴れた、午後の空を見上げながら密かに心に誓う。

無駄なデコレーションに頼るのはもうやめよう。

等身大の自分で一歩ずつ歩いて行こう。

このケーキのように、胸を張って、まっすぐに。







朗読/蒔苗勇亮

ストーリー/いとうかよこ

© 2018 by Night Cap Story.

Proudly created with Wix.com